葦のかご教会 | Papyrus Basket Church
葦のかご教会 | Papyrus Basket Church 로그인 회원가입

<礼拝場所>
2017年10月1日から、キリスト教視聴覚センター(AVACO)で午前礼拝を捧げるように変更しました。早稲田駅(東京メトロ東西線)2,3番出口から徒歩6分です。 => 詳細はココ

<礼拝時間>
主日10:30-12:00
主日学校の子供たちも大人と一緒に礼拝しますが、9:50-10:20と13:00-15:00に、子供たちのためのミニストリーがあります。

<カバーストーリー>

2015年1月8日に日本基督教団加盟感謝礼拝を捧げた時の写真です。
カバーストーリー(教会の活動を毎週撮影した写真)をご覧になりたい方は、会員登録をなさって下さい。

<お問い合わせ>
お問い合わせはこちらへ
 

メッセージ・アーカイブ

Message Archive

 
日付 : 18-06-24
槍を投げつけられる時(サムエル上18:1-11、20:12-16)
 作成者 : ひょうぶ
照会 : 88  
   https://www.youtube.com/watch?v=t_LT5DRgG_E&feature=youtu.be [39]


サムエル上18:1-11、20:12-16

1.  ダビデがサウルと話し終えたとき、ヨナタンの魂はダビデの魂に結びつき、ヨナタンは自分自身のようにダビデを愛した。
2.  サウルはその日、ダビデを召し抱え、父の家に帰ることを許さなかった。
3.  ヨナタンはダビデを自分自身のように愛し、彼と契約を結び、
4.  着ていた上着を脱いで与え、また自分の装束を剣、弓、帯に至るまで与えた。
5.  ダビデは、サウルが派遣するたびに出陣して勝利を収めた。サウルは彼を戦士の長に任命した。このことは、すべての兵士にも、サウルの家臣にも喜ばれた。
6.  皆が戻り、あのペリシテ人を討ったダビデも帰って来ると、イスラエルのあらゆる町から女たちが出て来て、太鼓を打ち、喜びの声をあげ、三絃琴を奏で、歌い踊りながらサウル王を迎えた。
7.  女たちは楽を奏し、歌い交わした。「サウルは千を討ち/ダビデは万を討った。」
8.  サウルはこれを聞いて激怒し、悔しがって言った。「ダビデには万、わたしには千。あとは、王位を与えるだけか。」
9.  この日以来、サウルはダビデをねたみの目で見るようになった。
10.  次の日、神からの悪霊が激しくサウルに降り、家の中で彼をものに取りつかれた状態に陥れた。ダビデは傍らでいつものように竪琴を奏でていた。サウルは、槍を手にしていたが、
11.  ダビデを壁に突き刺そうとして、その槍を振りかざした。ダビデは二度とも、身をかわした。


12.  ヨナタンはダビデに言った。「イスラエルの神、主にかけて誓って言う。明日または、明後日の今ごろ、父に探りを入れ、あなたに好意的なら人をやって必ず知らせよう。
13.  父が、あなたに危害を加えようと思っているのに、もしわたしがそれを知らせず、あなたを無事に送り出さないなら、主がこのヨナタンを幾重にも罰してくださるように。主が父と共におられたように、あなたと共におられるように。
14.  そのときわたしにまだ命があっても、死んでいても、あなたは主に誓ったようにわたしに慈しみを示し、
15.  また、主がダビデの敵をことごとく地の面から断たれるときにも、あなたの慈しみをわたしの家からとこしえに断たないでほしい。」
16.  ヨナタンはダビデの家と契約を結び、こう言った。「主がダビデの敵に報復してくださるように。」

 
   
 


PAGE TOP

日本基督教団 葦のかご教会 : Papyrus Basket Church


お問い合わせ アクセス
Copyright (C) 2014 葦のかご教会 All rights reserved.